10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


12

「釣りで魂の解放を」
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/08(土) 17:00 あいなめおつくり 魚料理レシピ
071208_2155~0001
Image228~00

あいなめの御造り。

<作り方>
写真参照。
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2007/12/05(水) 23:06 トウゴロウの自家製オイルサーディン 魚料理レシピ
Image225~00SBSH0638_20071217213615.jpg

しゅうさん作 イワシ(トウゴロウ)のオイルサーディン。ばりうま。

<大まかな作り方>
1.イワシ(ここではトウゴロウ)の頭お腹を取り除きよく洗って油を落とす。
 7度洗えばタイの味。
2.海水ぐらいの塩水につけて冷蔵庫に2時間置いて漬け込む。
3.漬け込んだイワシをにんにくのスライス、とうがらし、粒こしょう、
  ローズマリー、ローレル加えた、たっぷりのオリーブオイルで
  茹でる。超弱火。時間は1時間から2時間。
4.密閉できる容器にオリーブオイルをたっぷりひたして保存。
コメント:0  トラックバック:0
2007/12/03(月) 15:49 自家製アンチョビ 魚料理レシピ
ancho4.jpgancho2.jpg
oil_20071203154705.jpg←オイル漬け込み開始(D-chan)
ちゃんとできるかなあ。
D氏、R氏作製中の自家製アンチョビ
うまくいけば12月後半に出来上がります。
もちろん漁港でつれたカタクチイワシです。

<作り方>
1. カタクチイワシを3枚におろしフィレ状にして、水分を良くふき取る。
2. 粗塩を両面にまんべんなくまぶし、タッパーに並べる。(20%前後の塩)
3. 空気が入らないようにラップをかぶせてからタッパーを閉めて冷蔵庫で1ヶ月以上寝かして熟成させる。
4. 熟成が終わったら上澄みの汁をこす。(この汁は魚醤です)
5. 熟成されたフィレを海水と同じぐらいの塩水で洗って塩をおとしてから、煮沸消毒した容器にフィレを並べる。
6. 酸化しないように容器の上までオリーブオイルを注いで、しっかり蓋をしめ半月~1ヶ月熟成させて出来上がり。
コメント:0  トラックバック:0
2007/11/11(日) 13:33 ピンギスのバター焼バジル風味 魚料理レシピ
SBSH0618.jpgSBSH0619.jpgSBSH0621.jpg

1. キスの鱗を取り、背開きにして中骨を削ぎ取る。
2.背開きしたキスに塩・コショウ・バジルで味付け。
3. フライと同じ要領で、キスに片栗粉・卵・パン粉をつける。
4. フライパンにたっぷり目のオリーブオイルにバターを溶かし中火で焼く。
5. キツネとかタヌキ色に両面焼いたら、できあがり。

レモンかけて食べました。
料理へたくそですがサックサクでおいしいです。
コメント:0  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。